メニュー

核酸の高次構造制御を基盤とするDNAメチル化解析技術の開発

【ライフサイエンス】 池袋ユニット

  • 研究概要

    本研究拠点は、ヒトの遺伝子の複製・転写制御に大きく関わり、細胞の発生・分化を制御しているDNAのメチル化(CpGメチル化)について、これを迅速・簡便に検出する手法を開発し、これを用いてDNAのメチル化が、遺伝子の複製・転写や細胞の発生をどう制御しているかを、分子レベルから細胞、個体レベルまでの幅広いスケールで解明する。そして得られた知見や技術をもとに発症前診断技術を開発することを最終的な目標とする。

    CpGメチル化を解析するための技術を開発するために、DNAの高次構造の一つであるグアニン4重鎖(G4)とその相補鎖が形成するi-motif構造に着目する。従来法として広く用いられている、バイサルファイトシーケンシングとは全く異なるCpGメチル化検出技術、即ち、CpGメチル化によるG4構造/i-motif構造の変化の検出、に基づく新規検出技術を開発する。

代表者について

外国人研究者について

その他の研究者

渋谷 淳 (農学研究院・教授)
長澤 和夫 (工学研究院・教授)
白樫 淳一 (工学研究院・教授)
天竺桂 弘子 (農学研究院・教授)
浅野 竜太郎 (グローバルイノベーション研究院・教授)
津川 若子 (工学研究院・准教授)
モリ テツシ (グローバルイノベーション研究院テニュアトラック推進機構・テニュアトラック特任准教授)
坂本 卓磨 (グローバルイノベーション研究院・特任助教) 

このページの上部へ