グローバルイノベーション研究院

お問い合わせ

アイコン

メニュー

グローバルイノベーション研究院

English

事業概要

国立大学法人東京農工大学は、平成26年度、世界水準の教育研究活動を飛躍的に推進する国立大学12大学の一つとして選定され、先端研究のグローバル化に向けた機能強化の取り組みを行っています。農学分野と工学分野における研究力の優位性を活かし、研究大学としての更なる躍進を図って、世界が認知する確固たる国際ブランドを築いて大学改革と研究力強化を推進します。この取組の推進のために、平成26年6月にグローバルイノベーション研究機構を設置し、平成28年4月からは新たな大学院研究組織としてグローバルイノベーション研究院(GIR研究院)に移行いたしました。

GIR研究院では、"世界が直面する食料・エネルギーの課題を解決"をテーマとして掲げ、"食料" "エネルギー" "ライフサイエンス"の3分野を研究重点分野と定め、社会的要請の高い研究課題において先進的な研究成果を創出することを目指して、戦略的研究チームを結成しています。 平成30年度には、更なる機能強化のため、戦略的研究チームで3年間活動し実績のある教員で構成される三重点研究分野それぞれに「分野グループ」と、分野にとらわれない「分野融合拠点」を新たに設置し、「分野長」と「拠点長」は、GIR運営委員会メンバーとなって、運営体制も強化いたしました。

戦略的研究チーム・分野グループ・分野融合拠点では、世界トップレベルの外国人研究者を中核教員として招聘・雇用し、教員と学生が参画して研究特区として最先端研究を行うことのできる仕組みを構築して、国際共同研究の実施と国際共著論文の輩出を飛躍的に増加することを狙いとしています。 重点分野"食料"では、「超多収米とバイオ肥料」、「機能性食品」、「植物環境応答」、「木質バイオマス」、「グリーンインフラ」、「生物多様性」、「海洋プラスチック汚染」、を、重点分野"エネルギー"では、「LED」、「リチウムイオン電池」、「資源・エネルギー回収」、「グリーンものづくり」 を、重点分野"ライフサイエンス"では、「疾患遺伝子」、「疾患モデル」、「バイオミメティックス」、「創薬」、「プロテオスタシス」、に関する国際共同研究を強力に推進します。また、若手を中心に、先端研究にチャレンジする優秀な教員をサポートする機能を一貫して強化することにより、理系技術と経営力等を俯瞰的にあわせ持ち、国際感覚に優れた、研究成果の実用化を担う理系グローバルイノベーション人材を養成し、国際共同研究の実施数及び国際共著論文数の増加につなげます。
GIR研究院は、東京農工大学の研究特区として世界トップレベルの外国人研究者と共に"世界が直面する食料・エネルギーの課題を解決"をミッションとして教育研究のグローバル化を実現し、本学の機能強化と大学システム改革の基盤構築に貢献します。

COPYRIGHT 2019 ©TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE AND TECHNOLOGY., ALL RIGHTS RESERVED.

このページの上部へ

メニューを閉じる