メニュー

近未来にアウトブレイクする変異型ウイルス感染症に迅速に対応するための研究

【ライフサイエンス】 黒田裕チーム

  • 研究概要

    昨今の新型コロナウイルス流行で見られるとおり、短期間でワクチンや抗ウイルス剤を開発する能力は、グローバル化した人口移動の多い社会における公衆衛生上極めて重要な課題である。本研究ユニットでは、生物工学(バイオテクノロジー)、生物情報科学(バイオインフォマティクス)をウイルス学、組換え遺伝子工学と融合的に用いて、ワクチン及び抗ウイルス剤を短期間で開発するための新しい技術プラットフォームを開発する。プラットフォームにおいて、ウイルスのゲノム情報を基に作成した組換え蛋白質の物理的・生物的・免疫学的性質を検証し、その試料と関連する情報を本研究チームに蓄積し、共有する。さらに、これら情報や試料を基に検証するための基盤技術を確立し、最終的には研究成果(ワクチンシーズ分子、抗ウイルス剤のDNAアプタマーや化合物)をデータベース化することでウイルスの流行に備えることを研究目的とする。

代表者について

外国人研究者について

その他の研究者

塚越 かおり(工学研究院・助教)
竹前 等(農学部附属 感染症未来疫学研究センター・特任講師)
大場 真己(農学部附属 感染症未来疫学研究センター・特任准教授)
Vavricka Jr. Christopher John(工学研究院・准教授)
Subbaian Brindha(グローバルイノベーション研究院・特任助教)

このページの上部へ