メニュー

兼橋 真二

職位

准教授(テニュアトラック)

所属

工学研究院 応用化学部門
グローバルイノベーション研究院 エネルギー分野・富永チーム

Researcher ID

F-7765-2015

0000-0001-6605-3920

Professional Career

経歴

2006年04月~2009年03月:株式会社クラレ 新事業開発本部 研究開発員
2009年04月~2012年03月:明治大学 理工学部 専任助手
2012年04月~2014年08月:日本学術振興会 特別研究員PD
2012年11月~2014年08月:豪州メルボルン大学 訪問研究員
2014年09月~2015年08月:豪州メルボルン大学 博士研究員
2015年09月~2019年02月:東京農工大学大学院 工学府・応用化学専攻 特任助教
2019年03月~2020年10月:東京農工大学大学院 工学研究院・応用化学部門 助教
2020年11月~現在:東京農工大学大学院 工学研究院・応用化学部門 テニュアトラック准教授

Academic Degrees

学位

2006年 3月 修士(工学)明治大学
2012年 3月 博士(工学)明治大学

Research Interests

キーワード

SDGs、カシューナッツの殻、マイクロプラスチック、包装材料、植物資源、生分解、未利用バイオマス、熱電変換、ブロックコポリマー、超臨界CO2、カシューナットシェルリキッド (CNSL)、漆、合成漆、リグニン、ポリフェノール、ポリイミド、物質移動、二酸化炭素分離、CCS、ハイブリッド材料、バイオベースポリマー、膜分離、機能材料

Publications

論文

  • H. T. Lu, W. Li, E. S. Miandoab, S. Kanehashi, G. Hu, The opportunity of membrane technology for hydrogen purification in the power to hydrogen (P2H) roadmap: a review, Frontiers of Chemical Science and Engineering (Front. Chem. Sci. Eng.) DOI: 10.1007/s11705-020-1983-0, 2020
  • S. Kanehashi and C. Scholes, Perspective of mixed matrix membranes for carbon capture, Frontiers of Chemical Science and Engineering (Front. Sci. Chem. Eng.), 14, 460-469 (2020).
  • Shu Kikuch, Shinji Kanehashi, Guang-Hui Ma, Kenji Ogino, Fabrication of Inverse Core-Shell and Janus Structured Microspheres of Blends of Poly(4-butyltriphenylamine) and Poly(methyl methacrylate), Colloid and Polymer Science, DOI: 10.1007/s00396-020-04604-9

このページの上部へ