メニュー

梅澤 泰史

職位

教授

所属

農学研究院 生物システム科学部門
グローバルイノベーション研究院 食料分野・福原チーム

Researcher ID

E-3028-2010

M-3727-2019
0000-0003-3750-0503

Email

taishi(at)cc.tuat.ac.jp

URL

http://web.tuat.ac.jp/~umelab/jp/index.html

Professional Career

経歴

2001/04/01-2004/03/31 : 独立行政法人理化学研究所 協力研究員
2004/04/01-2011/06/30 : 独立行政法人理化学研究所 植物科学研究センター 研究員
2007-2007 : ミズーリ大学 客員研究員
2011-2011 : ミズーリ大学 客員研究員
2011/07/01-2019/04/30 : 東京農工大学 農学研究院生物システム科学部門 准教授
2019.05.01 - present : 東京農工大学 農学研究院生物システム科学部門 教授

Academic Degrees

学位

2001年 博士(農学)筑波大学

Research Interests

キーワード

植物の環境応答、細胞内シグナル伝達、タンパク質のリン酸化、植物ホルモン、シロイヌナズナ、ダイズ

Publications

論文

  • Ishikawa, S., Barrero, J.M., Takahashi, F., Nakagami, H., Peck, S.C., Gubler, F., Shinozaki, K., Umezawa, T. Comparative Phosphoproteomic Analysis Reveals a Decay of ABA Signaling in Barley Embryos during After-Ripening. Plant Cell Physiology 2019 Aug21. pii: pcz163. doi: 10.1093/pcp/pcz163. 60.12.2758-2768
  • Shinozawa, A., Otake, R., Takezawa, D., Umezawa, T., Komatsu, K., Tanakam K., Amagai, A., Ishikawa, S., Hara, Y., Kamisugi, Y., Cuming, A.C., Hori, K., Ohta, H., Takahashi, F., Shinozaki, K., Hayashi, T., Taji, T. and Sakata, Y. SnRK2 protein kinases represent an ancient system in plants for adaptation to a terrestrial environment. Communications Biology (Commun. Biol.) 2: 30, 2019
  • Ishikawa, S., Barrero, J.M., Takahashi, F., Peck, S.C., Gubler, F., Shinozaki, K. and Umezawa, T. Comparative phosphoproteomic analysis of barley embryos with different dormancy during imbibition. International Journal of Molecular Science(Int. J. Mol. Sci.) 20: 451, 2019.

このページの上部へ