グローバルイノベーション研究院

お問い合わせ

アイコン

メニュー

グローバルイノベーション研究院

English

イベント報告

【2020.3.3 GIR公開セミナー報告】”Biomass Utilization for Energy, Food and Water”

2020.3.10

講演者 

Dr. Naoko Ellis (Professor, Chemical and Biological Enginieering, The University of British Columbia (UBC), Canada)

◆日時:2020年3月3日(火)

◆会場:東京農工大学 BASE本館2階 リーディングセミナー室

◆言語:英語

◆開催担当者:荻野 賢司 教授 (グローバルイノベーション研究院  ライフサイエンス分野 荻野チーム)

◆参加人数: 15名 後日google classroomで配信

開催案内

講演概要

Naoko Ellis教授をお招きして、GIR公開セミナーを開催した。同教授は、カナダ、British Columbia大学(UBC)において、炭素税の適用を意識した、低炭素社会、持続可能な社会システムの実現のための様々なアプローチに取り組んでいる。最初に、UBCの概要の紹介と、所属するUBCクリーンエネルギー研究センターの9つの研究クラスターを紹介された。ここでは、UBC Farmなど農学系の研究も行っており、本学との幅広い連携が可能であることを述べられた。実際の研究プロジェクトとして、カナダの豊富なバイオマス資源を利用し、エネルギー、環境、材料等、様々な分野に展開している研究の概要を述べた。最初に、エネルギー応用として、ガス化・オイル化、炭化(Biochar)製造パイロット試験プラントの設計、建設とその利用、ガス化等の反応システムの設計概念、試験プラント化の実例を紹介した。非常に大きな規模のパイロットプラントで、日本の大学では想定できない規模のプラントを稼働させている。
次に、製造したバイオオイル、バイオチャーの応用研究として、オイルを高機能材料原料に応用するための高品位化、バイオチャーの水処理への応用(浄水中に含まれるセシウムの吸着等への応用)を紹介した。セシウムの吸着に適した処理条件の系統的な展開など、多面的な研究報告をされた。
最後に、UBCと本学の共同研究課題の可能性として、バイオマス、エネルギー、食料、水など多面的な分野で共同研究が可能であることを紹介された。(実際に、農工両研究院に訪問し、UBCとの多面的な連携の可能性を議論している。
講演終了後の質疑も、感染対策で、参加者を限定して実施したが、プラントや、バイオチャーを利用した水の浄化システムに関し、多数の質問があり、質疑は30分ほどに及んだ。非常に核心に付く質問が出たため、公開用のビデオ収録を打ち切って議論を行った。突っ込んだ内容で、大変、深い、有意義な議論が行えた。

COPYRIGHT 2020 ©TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE AND TECHNOLOGY., ALL RIGHTS RESERVED.

このページの上部へ

メニューを閉じる