グローバルイノベーション研究院

お問い合わせ

アイコン

メニュー

グローバルイノベーション研究院

English

イベント報告

【2019.11.11 GIR公開セミナー報告】“Speech technologies at google: an overview” “Short-Term Time Series Forecasting and Anomaly Detection using Tensor Decomposition and Higher-Order Tensor Networks” “From machine learning to user learning in brain-computer interaction”

2019.11.18

講演者 

Dr. Pedro J. Moreno (Google, USA)

Prof. Andrzej Cichocki (Skolkovo Institute of Science and Technology, Russia)

Dr. Fabien Lotte (Institut National de Recherche en Informatique et en Automatique, France)

◆日時:2019年11月11日(月)

◆会場:東京農工大学 小金井キャンパス 11 号館 1 階 L1112

◆言語:英語

◆開催担当者:田中 聡久 教授 (グローバルイノベーション研究院  ライフサイエンス分野 田中チーム)

◆参加人数: 74名

開催案内

講演概要

今回のGIRセミナーは IEEE Signal Processing Society (SPS) Tokyo Joint Chapter との共催として3名の講演者を招いて行われた(2名はGIR特任教員).参加者は学内外から74名集まり,単独のGIRセミナーと比較して非常に多い参加者となった.
最初は IEEE SPS Distinguished Industrial Speaker として Google の Dr. Moreno から”Speech technologies at google: an overview” と題して,米国 Google で行われている音声処理研究の概要に関してご講演いただいた.講演自体は技術に踏み込んだ話は少なかったものの,いわゆる GAFA を代表する企業からの講演とあって,学外だけでなく学内の学生の注目も非常に高く,講演後も活発な議論が行われた.
2番目の講演は本学GIR特任教授である Cichocki 先生から”Short-Term Time Series Forecasting and Anomaly Detection using Tensor Decomposition and Higher-Order Tensor Networks”というタイトルでご講演いただいた.Anomaly detection(異常検出)は,製品検査,セキュリティ,医療診断等,幅広い応用を持つため,聴衆も大変興味を持って聴いていた
最後は,本学GIR特任准教授のLotte先生より”From machine learning to user learning in brain-computer interaction”というタイトルでご講演いただいた.ご自身のBCIに関する最新の研究について紹介いただき,未来を感じることのできる技術に聴衆の関心も高かったと言える.
企業での応用研究,数理的な理論,そして生体情報処理,と非常に幅広い分野ながらもAIを社会実装するための研究という意味では方向性は共通しており,今回のGIRセミナーは参加者に非常に好評であった.研究面においても,講演後も活発なディスカッションが行われており,本セミナーは成功裏に終わったと言える.

COPYRIGHT 2020 ©TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE AND TECHNOLOGY., ALL RIGHTS RESERVED.

このページの上部へ

メニューを閉じる