グローバルイノベーション研究院

お問い合わせ

アイコン

メニュー

グローバルイノベーション研究院

English

イベント報告

【2019.09.10 GIR公開セミナー報告】“Advanced constitutive modeling and application in steel sheet foaming” “Mixed experimental-numerical techniques for identifying large strain work hardening of steels” “Plasticity of commercially-pure titanium”

2019.9.17

講演者 Dr. Frederic Barlat (Pohang University of Science and Technology, Korea) –  “Advanced constitutive modeling and application in steel sheet foaming”

Dr. Sam Coppieters (KU Leuven, Belgium) – “Mixed experimental-numerical techniques for identifying large strain work hardening of steels”

Dr. Yannis Korkolis (The Ohio State University, U.S.A.) – “Plasticity of commercially-pure titanium”

 

◆日時:2019年9月10日(月)

◆会場:岡山コンベンションセンター 2階

◆言語:英語

◆開催担当者:桑原 利彦 教授 (グローバルイノベーション研究院  エネルギー分野  小笠原チーム)

◆参加人数: 59名

開催案内

講演概要

鉄鋼材料の先進的材料モデリングと製造技術に関する国際シンポジウム(The 1st ISIJ International Symposium on Advanced Material Modeling and Processing of Steel Sheets)を岡山コンベンションセンターにて開催しました。

近年、物づくりの現場では、加工条件や金型形状の最適値を試行錯誤なく必要最小限の時間で決定することが求められています。それを実現するためのツールとして、計算機による加工現象の事前予測、すなわち成形シミュレーションが世界中で急速に普及しつつあります。一方で、地球環境保全の観点から輸送機器の軽量化が強く求められ、鉄鋼材料の高強度化が進んでいます。材料の高強度化は、延性の低下やスプリングバックの増大に起因する成形不具合の発生をこれまで以上に誘発するため、成形シミュレーションの解析精度に対する要求がこれまで以上に厳しくなっています。そのため解析精度に大きく影響する因子として、材料構成則(材料モデル)のさらなる高精度化が求められています。そこで本シンポジウムでは、材料モデルおよび成形シミュレーションの高精度化の研究において、世界の第1線で活躍している著名な研究者8名をお招きして、最先端の研究成果をご披露頂くとともに、今後の研究・技術開発の動向について、日本の研究者・技術者と議論する場を提供することを目的としました。講演題目と講演者(講演順)は以下の通りです。

Tension/compression hardening behavior of AHSS at intermediate strain rates

Hoon Huh, Korea Advanced Institute of Science and Technology

State-of-art in forming limit curves determination

Dorel Banabic, Technical University of Cluj Napoca

Advanced constitutive modeling and application in steel sheet forming

Frédéric Barlat, Pohang University of Science and Technology

The engineering of steel microstructures for enhanced performance

Peter Hodgson, Deakin University

Characterization and prediction of rupture in bending of DP980 sheets

Sandrine Thuillier, Université Bretagne Sud

Virtual identification of mechanical properties of low carbon steel using coupled crystal plasticity and phase  field model

Myoung-Gyu Lee, Seoul National University

Mixed experimental-numerical techniques for identifying large strain work hardening of steels

Sam Coppieters, KU Leuven

Plasticity of commercially-pure titanium

Yannis P. Korkolis, The Ohio State University

当日は59名の参加者を得て活発な議論が行われ、この分野に対する関心の高まりが伺えました。シンポジウムの後は、岡山城の天守閣で懇親会を開催しました。地ビールや地元の食材を使った料理も大変おいしく、講演者と参加者の交流もますます盛り上がりました。

COPYRIGHT 2020 ©TOKYO UNIVERSITY OF AGRICULTURE AND TECHNOLOGY., ALL RIGHTS RESERVED.

このページの上部へ

メニューを閉じる