メニュー

時空間多次元データを活用する予測農学国際研究拠点の形成

【食料】 斎藤広隆ユニット

  • 研究概要

    農学をはじめ様々な学術分野において,機構的物理モデルに基づく予測解析が行われてきたが,これら機構的物理モデルは,不完全な情報に基づく解析には適さず,必要なパラメータの取得に多大な労力を必要とする場合も多いことから,実験室や圃場等でのデータ集積が進んでいる場合,機械学習に代表されるデータ駆動型モデルが利用される.本研究ユニットは,農業に関連する様々な事象について数理モデルにより予測するための研究拠点,予測農学研究の国際的な研究拠点の構築を目的とする.そこで,数理モデルによる農地および周辺環境における物質動態,生態系構造・動態,生体影響の定量的な予測に関する研究を一層推進し,①既往モデルの連結による解析,②機構的物理モデルとデータ駆動型モデルの統合による解析,③データ駆動型モデルのトレーニングデータの収集・開発を推進する.

代表者について

外国人研究者について

その他の研究者

辰己 賢一(農学研究院・准教授)
福田 信二(農学研究院・准教授)

このページの上部へ