メニュー

マイクロプラスチックよる生態系影響を野生生物を指標にして解析する  

【食料】 渡辺チーム

  • 研究概要

    海洋へのプラスチックの流入は増加しており、対策を講じなければ、将来それに起因する生態系への脅威は顕在化する可能性がある。本研究では海洋生態系の上位に位置するイルカなどの哺乳類、カモメなどの鳥類、ウミガメなどの爬虫類を対象に、プラスチックごみによって影響を受けている可能性を内分泌学的、毒性学的、および免疫学的側面から解析しする。海洋プラスチック、マイクロプラスチックについて世界各地から研究者を招聘し、野生生物に対する影響を指標にした生態系影響の研究拠点を構築する。

  • 研究目的

    我々のチームの目的は、海洋プラスチックおよびマイクロプラスチック汚染についてのダイレクトな情報交換・意見交換を最先端の研究者と行うことにより、世界的なマイクロプラスチック汚染研究を加速する研究拠点を形成することである。これまでの研究から、様々な野生動物が海洋プラスチック汚染の影響を受けていることが危惧されている。研究者の来日時を中心に、情報交換・意見交換活動を進める。その上で、マイクロプラスチックの生態系影響を考える上で鍵となる実験・観測を遂行する。プラスチックとプラスチックに含有・吸着されている有害化学物質の影響について、学術論文のレビューおよび実験による評価を行うとともに、海洋生物に対するマイクロプラスチックの汚染状況調査を基に、海獣、海鳥やウミガメ、魚などの海洋生物にどのような影響が出ているのかを内分泌学、免疫学、毒性学の視点から解析する。

  • 研究計画

    本研究では、海洋プラスチック汚染について、動物行動学、海洋生物学、内分泌学の分野から世界の第一人者を本学に迎えて、それぞれの手法に基づく共同研究を行い、国際共著論文を執筆する。プラスチック摂取の生物影響の中でも最も鋭敏で深刻な内分泌系への影響に焦点を当てて、専門家David Crews氏、Andrea Gore氏、 John Godwin 氏の3名を招聘し、研究者のネットワークを構築する。3名の外国人研究者の滞在により、国際共著論文の増加が見込まれる。さらに、この3名は現在の世界の汚染研究やその内分泌系への影響のキーパーソンであり、彼らの本学訪問により、本学が海洋プラスチック研究の世界的な中心拠点となる。海洋生物の汚染状況の解析を行うにあたり、海洋プラスチックに吸着している化学物質をガスガスクロマトグラフ質量分析計を用いて高田および水川が分析する。海洋プラスチックに付着する重金属による汚染について、渡辺泉が解析する。
    OECDで内分泌撹乱の分析のモデル動物となっているウズラを用いた生体影響解析モデルを、渡辺元が構築し、汚染物質の生体影響を解析する。OECDで化学物質の生態毒性試験のテストガイドラインに取り上げられているウズラを用いて、マイクロプラスチック汚染の生体影響解析の実験モデルを構築する。特にエストロジェン作用、アンチアンドロジェン作用などを中心に行う。Dr. Godwin, Dr. Gore, Dr. Crewsと得られた成果について評価検討し、国際共著論文として発表する。
    海洋生物からの血清により、古谷が感染症の感染率を測定し、海洋プラスティックとの相関を解析する。

代表者について

外国人研究者について

John Godwin

所属研究機関 ノースキャロライナ州立大学(米国)
部門 Department of Biological Sciences
職位 教授
URL

https://godwin.wordpress.ncsu.edu

Andrea C. Gore  

所属研究機関 テキサス大学(米国)
部門 Division of Pharmacology and Toxicology
職位 教授
URL

https://sites.utexas.edu/gore/

その他の研究者

高田 秀重 (農学研究院・教授)
水川 薫子 (農学研究院・助教)
古谷 哲也 (農学研究院・准教授)
渡邉 泉  (農学研究院・教授)

このページの上部へ