メニュー

イベント情報

オンラインセミナー【GIR公開セミナー】Dr. Richard S. Nelson / オクラホマ州立大学 (米国)

日時 2022.3.11(10:00~11:00)
会場 Zoom
Google Classroom コード l4sojie
講演者 Dr. Richard S. Nelson
所属機関 オクラホマ州立大学(米国)
講演タイトル ※現在、Google Classroomにて配信中です。
 1. https://classroom.google.com にアクセス
 2. 右上の「+」をクリックし「クラスに参加」を選ぶ。
 3. クラスコード: l4sojie
----------------------------------------------------------------------------------------------------
※本セミナーはZoomにてご参加いただけます。
https://tuat-jp.zoom.us/j/83580171104?pwd=UVp5Qm40US9VOGpENGwrMXFFUFJyZz09
ミーティングID: 835 8017 1104
パスコード: 279188
----------------------------------------------------------------------------------------------------
 ◆Dr. Richard S. Nelson (米国、オクラホマ州立大学、Department of Entomology and Plant Pathology、客員教授) 
 ◆講演タイトル:"Virus-induced gene silencing: An in-depth evaluation of its power and limits for functional genomics studies”

〈要旨〉
Virus-induced silencing (VIGS) is a powerful tool for gene function studies. For example, through VIGS the expression of an entire gene family or single genes within the gene family can be downregulated. The latter allows parsing of function among individual genes within a gene family for a particular activity. A multitude of other strengths associated with VIGS will also be presented and discussed. Although the benefits of the technology are extensive, its proper use is essential to a) avoid improper interpretation of results and b) achieve maximum silencing. For example, the improper construction of a host gene fragment for use in silencing can lead to unknowing silencing of related and even unrelated genes. The improper size and orientation of the host gene fragment in a particular VIGS vector can lead to suboptimal levels of target gene(s) silencing. The proper controls and host gene fragment design for VIGS studies will be presented here. Lastly, the worth of designing improved VIGS vectors for silencing will be discussed and an example of a recently improved VIGS vector will be presented. The power of this technology is truly extensive when properly implemented.
言語 英語
対象 どなたでも、ご参加いただけます。
共催 グローバルイノベーション研究院 ライフサイエンス分野 佐々木チーム
卓越大学院プログラム
お問い合わせ窓口 グローバルイノベーション研究院・農学研究院 佐々木 信光
e-mail: chaki (ここに@ を入れてください)cc.tuat.ac.jp
備考

参加人数: 22名

 

オクラホマ州立大学のRichard Nelson博士をお迎えし、Zoomを使ったGIRオンラインセミナーを開催した。22名の参加があった。

 

Nelson博士は、Samuel Roberts Noble Foundationで長年PIとして、蛍光顕微鏡を用いた植物ウイルスのイメージング解析や外来遺伝子の導入を目的とした新規ウイルスベクター開発を中心として植物病理学分野で活躍し、米国植物病理学会のウイルス委員会の委員長および多くのジャーナルのエディターやレフェリーを経験されている。現在は、オクラホマ州立大学で客員教授として講義を担当される一方で、多くの論文のレフェリーをこなしている。

 

Nelson先生からは、2021年に報告された論文の内容を中心に、ウイルス誘導性ジーンサイレンシング(VIGS)技術を用いた遺伝子の機能解析の有用性と問題点について話題を提供していただいた。Nelson先生ご自身が研究を進めているブロムモザイクウイルスのベクターを例に挙げて、VIGS技術の5つのメリット、(1)一過性かつ迅速性、(2)安価で手間がかからない、(3)複数の組織に有効、(4)単一遺伝子あるいは遺伝子ファミリーの発現抑制が可能、(5)ゲノムワイドなトランスクリプトミクス解析との組み合わせが可能について解説していただいた。さらに、VIGS技術の注意点についても、(1)ベクターの長所と短所の理解、(2)適切なコントロールベクターの使用、(3)標的遺伝子配列の選定、(4)ベクター内の挿入配列の向き、(5)挿入配列の長さに分けて詳細に解説していただいた。

 

セミナー後には学生を含めた参加者との非常に活発な質疑応答があり、予定時間を1時間過ぎて終了するほどであった。セミナー終了後には、GIRメンバーとの話し合いの場をもつことができ、今後の研究への取り組み方を確認した。

このページの上部へ