お問い合わせ

042-367-5646

メールでのお問い合わせ

アクセスマップ

トップページ > 最新情報 > メディア情報

最新情報

4月26日付日経新聞朝刊に GIR 紹介記事が掲載されました

2017年04月26日

4月26日付け日本経済新聞朝刊に、グローバルイノベーション研究機構が紹介されました。

記事には、宮浦研究院長代理のコメントと共に、GIR研究院が海外の著名な研究者を本学の正式な教授として雇用し、国際共同研究の成果を生み出していることについて、記載されています。

20170426日本経済新聞.pdf 

日本経済新聞・電子版:
京農工大学 グローバルイノベーション研究院 世界的研究者を教授に
《ビジョン》宮浦千里研究院長代理 海外と共同研究、同室でじっくり 

 

            

熊谷先生のインタビュー記事が新聞に掲載されました

2015年09月18日

2015年1月29日開催のGIRシンポジウムにおいて、共同通信社により熊谷義直教授、
Prof. Bo Monemar、宮浦機構長
に対するインタビューが行われました。

東京新聞(2015.7.15) はじめ全国ネットで熊谷先生の研究内容が紹介されました。

東京新聞 記事0715.jpg





 

 

東京新聞 2015年 7月15日.pdf

3月22日付日経新聞朝刊に GIR 紹介記事が掲載されました GIR appeared in the newspaper

2015年03月26日

3月22日付日本経済新聞朝刊に、グローバルイノベーション研究機構が紹介されています。

記事には、GIR機構が重点的に取り組む3分野について、また、
1月29日に開催したシンポジウムの講演者である、ネン・ヒュ・リン教授(台湾・中央大学教)、ボ・モネマー教授(スウェーデン・リンチョーピン大学)、ミハイル・ホフ教授(ドイツ・ボン大学)からのコメントが記載されています。

1月中旬
に開催された、ノーベル物理学賞受賞の中村 修二先生(東京農工大学特別栄誉教授・カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授)による特別講演についても紹介されています。詳細は、添付のpdf ファイルをご覧下さい。(添付:3月22日 日本経済新聞朝刊掲載記事)

Global Innovation Research Organization appeared in morning edition of Nihon Keizai Shimbun on March 22 with the comments by three research teams from key areas: "Food," "Energy" and "Life Sciences,".

Furthermore, you can find the messages from the 
distinguished foreign professors who delivered their lectures in the GIR symposium held on January 29. For more details, see attached pdf file. (Japanese only)

2015.3.22 日本経済新聞朝刊掲載

EICネットに、畠山史郎教授のインタビュー記事が掲載されました Prof. Hatakeyama got interviewed for EIC Net

2015年03月24日

一般財団法人環境イノベーション情報機構運用のEICネットにエコチャレンジャーとして、
「第39回 東京農工大学大学院・畠山史郎教授に聞く、PM2.5をはじめとする越境大気汚染の生成過程と対処方法[1]」と題し、畠山教授のインタビュー記事が掲載されています。詳細はこちらからご覧頂けます。 http://www.eic.or.jp/

題名:第39回 東京農工大学大学院・畠山史郎教授に聞く、PM2.5をはじめとする越境大気汚染の生成過程と対処方法[1]
実施日時:平成27年2月20日(金)11:00~
聞き手:一般財団法人環境イノベーション情報機構 理事長 大塚柳太郎

Professor Shiro Hatakeyaha who is one of the GIR research heads got interviewed on February 20 as a ECO challenger for the EIC Net operated by Environmental Information & Communication Network.

His interview about research on generation process and resolution for trans-boundary air pollution that includes PM2.5 appeared on EIC Net. This theme
 is related to his research subject "Analysis of trans-boundary air pollution in East Asia by use of network observation on isolated islands and mountains".
For details: http://www.eic.or.jp/  (Japanese only)

インタビューを受ける畠山史郎教授

1

ページ上部へ